子宮腺筋症 - 婦人科 よくある質問

MEA 体験者の声

腹腔鏡下手術 体験者の声

Q1 子宮腺筋症はどんな病気ですか?

子宮内膜組織が子宮筋の中に散らばって存在するようになった状態です。 本来は子宮腔の表面を覆う子宮内膜がなぜ子宮筋の間にみられるようになるのか原因は不明です。月経痛と月経過多が代表的な症状で子宮は大きくなってきます。

Q2 治療する必要がありますか?

がんなどの悪性腫瘍ではありませんから、治療が必要になるかどうかは症状次第です。月経痛がひどい場合や出血量が非常に多い場合は、普段の生活や仕事に支障がでてくるので治療するメリットが大きいと考えられます。

Q3 どのような経過をたどりますか?

30代以降に症状が出てくることが多いようです。閉経するまでは徐々に進行しますが、閉経して卵巣からホルモンが出なくなると、月経に伴う症状はなくなり大きくなった子宮も縮小します。

Q4 どのような治療がありますか?

閉経が近ければ薬物治療で閉経まで逃げ込むことができるかもしれません。薬物治療が無効な場合は標準的な根治療法は手術による子宮の摘出です。子宮機能温存がどうしても必要な場合には腺筋症病巣切除術を行うこともあります。子宮摘出術(開腹・腹腔鏡下手術)の代替治療法として、マイクロ波子宮内膜アブレーションを選択できる場合もあります。婦人科治療・手術比較一覧