診療内容

気になる症状がひとつでもあったら、ひとりで悩まず気軽に受診しましょう。子宮や卵巣の定期的な検診で、健康状態をチェックできます。

子宮がん(子宮頸がんと子宮体がん) 子宮筋腫 子宮腺筋症 卵巣腫瘍(卵巣のう腫 卵巣がん) 子宮内膜症・卵巣チョコレートのう胞 性感染症 更年期 子宮脱 過多月経

子宮がん (子宮頸がんと子宮体がん)

子宮がんには、子宮頸がんと子宮体がんがあります。

子宮頸がん

子宮頸がんは検診と予防ワクチンが非常に有効です。
検診で早期発見できれば進行がんを防ぎ死亡を減らすことができます。多くの先進国では、子宮頸部細胞診による検診が行なわれています。欧米での受診率は高く、たとえばアメリカでは、18歳以上の女性の86%が過去3年以内に1回以上検診を受けています。(2002年)。一方、日本では過去1年以内に受けた女性は15%弱にとどまっています。
子宮頸がんは、初期には粘膜表面にとどまっています(上皮内がん)。進行すると粘膜からより深くひろがります(浸潤がん)。「上皮内がん」のうちに発見するために、定期的に検診を受けることが大切です。

子宮頸がんは20歳代の若年層では急激に増えています

子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が関与しています。高齢になるほど多くなる他のがんと違って、若い世代で増加しています(グラフ参照)。 これは性活動が活発な若い年代で感染の機会が増えるためです。ウイルスの感染を予防するには、ワクチンの接種が有効です。

子宮頸がんよくある質問Q&A

子宮頸がん(上皮内がんを含む)発生率の推移

子宮頚がん(上皮内がんを含む)発生率の推移/子宮頸がんと子宮体がんの発生部位

『地域がん登録』研班(主任研究者:津熊秀明)による全国推進値(1998年)から抜粋

子宮体がん

子宮の奥にあたる体部のうちの内膜から発生します。子宮内膜は生理の時にはがれてしまうので、閉経前の女性には体がんの発生は多くはありませんが、増加してきていると言われています。
50歳代から60歳代で多く診断されています(10万人あたり15~20人)。子宮がんの50%以上が子宮体がんです。
子宮体がんは、病状が進行していない早期の段階で出血をきたすことが多く、不正性器出血での発見が約90%といわれています。茶色いおりものがある場合や、少量でも不正出血があれば、すぐに医療機関を受診することが大切です。
治療は、手術(外科的治療)が標準的です。患者さんの状態によって、化学療法・ホルモン療法・放射線治療を組み合わせて治療を行います。

トップにもどる

子宮筋腫

子宮の壁の筋肉から発生した良性の腫瘍が子宮筋腫です。
生理の量が多くなる(過多月経といいます)のが子宮筋腫の代表的な症状です。生理の量が多い状態を繰り返すうちに鉄分が不足して貧血になったり、生理痛がひどくなることもあります。

子宮筋腫よくある質問Q&A

トップにもどる

子宮腺筋症

子宮腺筋症とは、子宮内膜によく似た組織が子宮の筋層内にできて子宮全体として大きくなる状態です。年齢的に30代後半以降の女性に多くみられます。最も多い自覚症状は激しい月経痛と月経量が多くなる過多月経で、貧血の症状が起こります。不妊・流産の原因となる事があります。

子宮腺筋症よくある質問Q&A

トップにもどる

卵巣腫瘍

卵巣のう腫

卵巣にてきる良性腫瘍の多くは、内部に液体を満たした風船状であるためこのように呼ばれます。自覚症状が少ないのが特徴ですが、まれに破裂や卵巣嚢腫茎捻転(腫瘍の根元がねじれること)を起こし、急に下腹部が痛むようになります。こうなると緊急手術が必要です。

卵巣のう腫の手術

現在は良性卵巣腫瘍に対しては腹腔鏡を使用した手術が主流です。臍に1.5cm程度の切開を加えてカメラを入れます。もともと臍は瘢痕組織ですからこの傷跡は目立ちません。そのほか手術操作をするために下腹部の左右2箇所に手術器具を入れる小さい切開が必要です。このうち、摘出した腫瘍を取り出すための創は1.5-2cm程度になってしまいます。左右2箇所の創にかえて、正中部1箇所の2.5-3cmの横切開から手術を行う場合もあります。この場合は、ローライズのジーンズやビキニの水着でも隠れてしまう位置ですからファッションの選択に影響することはありません。

腹腔鏡手術よくある質問Q&A

腹腔鏡下手術 体験者の声

卵巣がん

卵巣にできる悪性腫瘍で近年日本では発生率が急激に増えています。妊娠・出産を経験していない人に多いようです。無症状で経過し、発見されたときには進行していることも多いためサイレントキラーと呼ばれています。

トップにもどる

子宮内膜症

子宮内膜は子宮の内側にしかないはずの組織ですが、この子宮内膜にとてもよく似た組織が、なぜか身体のさまざまな場所に勝手に発生し、そこで活動してしまうのが子宮内膜症です。

子宮内膜症よくある質問Q&A

チョコレートのう胞

卵巣の中で子宮内膜症が起こると、生理の度に内膜症組織から出た血液が卵巣の中にたまり、袋状の嚢胞ができます。

子宮内膜症の症状

月経痛、月経時以外の下腹部痛、腰痛、排便時痛、性交痛等

治療

薬物療法・手術・対症療法

トップにもどる

性感染症

性行為(Sexually)で病原体が運ばれて(Transmitted)人に感染して発生する病気(Disease)という意味でSTDと呼称されます。下腹部痛やおりものなどの症状の原因となることがあります。

性器クラミジア感染症

現在、世界諸国で最も症例数が多いのが性器クラミジア感染症です。女性の場合は無症状のことがあり妊婦健診で偶然にみつかることもしばしばです。放置していると不妊の原因にもなります。

トップにもどる

更年期について

45歳~55歳くらい(閉経前後の約10年間)を「更年期」と言います。
更年期女性は加齢による変化と、エストロゲンの低下・欠乏により、下記のような障害や疾患が現れることがあります。

  • 自律神経失調症(のぼせ、ほてり、発汗など)
  • 骨の量が減少してしまう骨そしょう症
  • 血液中の中性脂肪やコレステロール値が上昇してしまう高脂血症
  • 尿が腹圧で漏れてしまう尿失禁や排尿障害

更年期障害や疾患の対処法

更年期には女性ホルモン(特に女性にとって大切なホルモンであるエストロゲン)が低下する時期です。さらに、心理的・社会的にも不安定な時期であるため、更年期障害の発症にはこれらエストロゲンの低下と心因性要素とが大いに関係しています。
エストロゲンの補充と生活習慣の改善が更年期障害の対処法といえます。

トップにもどる

子宮脱

老化に伴い骨盤底の支持組織がゆるんで、子宮そのものが単独であるいは膀胱、直腸とともに下垂し、膣口から脱出する疾患です。脱出の程度が軽いものを子宮下垂、子宮全部が脱出した場合は全子宮脱、一部が脱出した場合は部分子宮脱といいます。

子宮脱の治療方法

腟内にリングをいれて子宮を正常位置に保つことで症状を改善できる場合があります。
根本的な治療には手術が必要になります。

トップにもどる

過多月経

月経出血量が多過ぎる状態に対して一般的に使用されている言葉は月経過多ですが、婦人科では過多月経という言葉が用いられています。
月経期間中に過剰に血液が失われると鉄欠乏性貧血になります。全身倦怠・立ちくらみ・労作時の動悸などの症状を伴う高度な貧血に陥っており、月経出血が多過ぎる以外に貧血の原因を求めることができなければ過多月経という病的状態です。

このような病気が過多月経の原因となっている場合もあります

  • 子宮筋腫
  • 子宮腺筋症 など

過多月経の切らない治療

マイクロ波子宮内膜アブレーションは、マイクロ波によって、子宮の内膜を壊死させる過多月経の治療法です。外科的に子宮を摘出しないために安全性が高く、手術侵襲や術中・術後合併症も少ないという利点があります。

マイクロ波子宮内膜アブレーション

マイクロ波子宮内膜アブレーション 体験者の声